世界大会 2015

ホーム > Global Gathering / 世界大会 > 2015

世界大会2015

2015年10月16日、17日、18日の3日間にわたり、滋賀県近江八幡市でNELIS初の世界大会を開催します。ここでは、6大陸14か国から25名の多彩な次世代リーダーが集い、NELISの目標、具体的な活動内容、発展させるための仕組みを広く、深く議論します。

世界大会2015の流れ

2015年10月16日(金)

近江八幡市の日牟禮神社での正式参拝に始まり、琵琶湖を汽船で航行しながら議論した後、午後は、湖のほとりにあるシャーレ水が浜で、グループに分かれ、NELISの価値感、使命、活動の目標について熱く議論します。

2015年10月17日(土)

禅寺として有名な永源寺の静寂な環境で、NELISの具体的なリソースやツールについて議論するのみならず、内面のリーダーシップや仏教的観点からみた文明の捉え方についても議論します。お寺のなかでお借りする60畳間で、最初は座禅も経験し、「外なる世界」だけでなく「内なる世界」をも見つめなおします。

2015年10月18日(日)

NELISの共同設立者山本昌仁がCEOを務めるたねやグループの新しい「創造の場」、ラ コリーナ近江八幡で記念植樹を行った後、NELISを発展させるための仕掛けや仕組みについて議論を続けます。ラ コリーナは「自然親和性のデザイン」を体現する場でもあり、ここで同じ日の午後に開催するパブリック・フォーラムに向けた最終の準備もします。
午後には、滋賀県草津市にある立命館大学の講堂で、大学との共催により、「パブリック・フォーラム」を開きます。NELISの参加者の素顔と活動を紹介するとともに、3日間で議論された「活動の具体像」についても、広く共有します。

パブリック・フォーラムへの参加をご希望される方は、こちらまでご連絡ください。