Who we are /

ホーム > Who we are / 人 > コア・チームの紹介 > Shravan Shankar

シュラヴァン・シャンカー(Shravan Shankar)

私はインドで生まれたが、人生の大半を東南アジアと英国など、国外で過ごしている。2010年から、インドをベースとしつつ、アジアと欧州においてもサステナビリティ分野に携わっている。インドでは、最も混沌としていて、チャレンジングなビジネス・政策環境のなかで働くという得難い経験をしている。インド国外で多く働いてきたことが、私のものの見方を形成していると感じる。私にとって「サステナビリティ」とは「価値創造を持続し、継続的に改善する」ことを意味し、ここでいう「価値創造」は、ある共同体・組織とそのキーとなる利害関係者にとって成功を意味するものであると捉えている。仕事のなかでは、特にさまざまな課題がなお残っている持続可能なビジネス、経済、コミュニティづくりに焦点を当てている。

大学卒業後、インド工業連盟(CII)の持続可能な開発部の技術系のセクションに勤務していた。現在は、独立系のサステナビリティ・コンサルタントとして活動する傍ら(それぞれの分野における専門家と、企業・組織とのコラボレーションを通じて仕事をしている)、インドのチェンナイにおいて地元の起業家を応援するベンチャー、TheWorks@の立ち上げに取り組んでいる。このベンチャーでは、起業家がいつでもアクセスでき、困難な状況を克服するための「人、サービス、インフラのエコシステム」をつくることにより、彼らの価値創造を後押しすることを目指している。

サステナビリティは、ビジネス、政策立案者、投資家、その他のステークホルダーの間で「共通意識」の一部に組み込まれつつあるテーマだが、その速度は遅いのが現状である。社会の多くのセクターでは、なお、サステナビリティの必要性を理解し、どのようにその実現に向け行動すればよいかを明確にする必要がある。私にとって、NELISはこのような変化をより高い次元で実現するためのプラットフォームであり、その設立の背景にあるビジョンをみると、大きな変革をもたらすポテンシャルがあることだと考えている。